トレテーラについてのご質問


粘着式捕虫器トレテーラの使い方などの質問コーナー


Q: トレテーラの虫捕獲の仕組みは?



:虫の走光性を利用して光(近紫外線)で飛翔虫を集めて、器具内に侵入した虫をランプ周りに設置した粘着シートで捕獲します。薬剤もパチパチ音の電撃も使いませんので安全です。また、蚊捕獲用に二酸化炭素を発生させる光触媒発生体等を組み込んでいる機種もございます。


Q: トレテーラで捕獲できる虫は?


:トレテーラver.2は、蛾、コバエ、ユスリカ、カメムシ、ゴミムシ、イエ蚊、蜂、農業害虫等、光に反応する(走光性のある)飛ぶ虫を捕獲できます。ちなみに「G」は事情が無い限り光に寄りませんので捕獲できないです。粘着式ならではですが、蜘蛛は貼りつく虫を食べに来るので捕獲できます。さらに、トレテーラ・ルミエAg+は、上記飛翔虫以外にやぶ蚊も蠅も捕獲します。


Q: 他の捕虫器とどこが違う?


A:トレテーラは粘着式捕虫器です。他の粘着式捕虫器と比べると業務用としては大きさが違います。業務用は大抵20wです。捕虫にはそのくらいの明るさが必要です。しかし、トレテーラは10wの業務用小型を実現しました。この大きさになり一般家庭でもご利用いただいています。
 何が違うのか?
それは、鏡面反射板内蔵と青色粘着シート採用、床置き専用です。詳細は他の頁に記述しています。



Q:50Hzと60Hzの違いは何ですか?

A: 電源周波数の違いです。電力会社から供給されている電気は、交流です。電気の+、-が1秒間に何十回と入れ代わっています。その入れ替わる回数が周波数(Hz)と呼ばれるものです。簡単に言いますと東京が50Hzで大阪が60Hzです。分岐線は静岡県の富士川と新潟県の糸魚川を境に東側は50Hz、西側が60Hzとなっています。ただし、境界付近には「50Hz」と「60Hz」の混在地区もございますので、電力会社にお問い合わせください。

Q:トレテーラを設置する場所は?


A: まず、してはならないことは窓・入口にランプを向けることです。光に反応した飛翔虫を屋外から呼び込むことになります。昼間のご利用は侵入した飛翔虫の目が屋内の明るさに慣れるまでの時間を考えて窓・出入口から少し離れた小暗い場所に設置すると効果があります。夜間のご利用は競合する光が少ないほど効果があります。また、故障や感電事故の危険性がある水気は避けてご利用ください。